▲四国一攫千金埋蔵金88箇所巡礼のトップへ戻る
第38番札所 仁淀川町 「都の安徳天皇陵墓」
地名: 高知県吾川郡仁淀川町別枝
埋めた人: 平家落人
お宝: 安徳天皇の遺構
情報:
備考: 安徳天皇四国潜幸説そのG
「安徳天皇伝説地指定」

 安徳天皇擁する平家一門は源氏の追っ手を逃れて仁淀川上流の椿山に安住の土地を求めた(37番)。ところがうっかりと川に流してしまった漆の椀を発見され、下流の奥名川に移ったあと、さらに逃れてたどり着いた土地が別枝地区の「都」という名のこの集落である。名前の由来は言わずもがなであるが、仁淀川を南に渡った山の中も山の中、今でさえこんな所にまで集落があるのかという場所である。なお、この都より奥には「鳥形山」という四国の豪雨地としても有名な名山があるが、ここも安徳天皇の命名(白鳥が片羽で飛ぶ)伝説があり、この山の向こうは安徳天皇四国潜幸説最後にして最大の土地、35番「横倉山(宮内庁指定の御陵参考地)」である。
 安徳天皇が潜幸されたといわれている地区ではその地での崩御の伝説がセットになっているところがやたらと多いが、同様にこの「都」にも1195年8月22日にこの地で18歳で崩御されたという詳細な伝承が残されおり、「皇陵塚」といわれる御陵墓も残されている。さらに安徳天皇の従者であった京都山城の国金子城主・平重詮(しげのり)が、源氏から逃れるため山内神助と名前を変えて暮らし、その後、西森姓に改姓した子孫がここをお守りしているという(陵墓の入り口のお家は西森さん)言い伝えもある。また毎年旧暦8月22日には住民によって「都の太鼓踊り」が行われている。同様のものは椿山(37番)にもあるが、双方とも安徳天皇と平家の落武者をなぐさめるものとされており、二つの土地の関連性は高い。
 ここは、それらの諸記録や現存する史跡パーツにより、昭和のはじめに「安徳天皇御陵伝説地」の指定を受けているのである。世界なんとか遺産の登録を見ても判るように、参考証拠となるデータがやたらと多いことが、競合相手から頭ひとつ抜け出すノミネートの秘訣である(笑)。まだまだ隠された何かはありそうである。

クリックすると拡大します
「これまでかというほどの山また山の中。」
これまでかというほどの山また山の中。

クリックすると拡大します
「安徳天皇御陵墓伝説地」
安徳天皇御陵墓伝説地

クリックすると拡大します
「御陵墓隣の「白王八幡宮」。「白王」を縦に書くと「皇」と読める隠し文字である。」
御陵墓隣の「白王八幡宮」。「白王」を縦に書くと「皇」と読める隠し文字である。

クリックすると拡大します
「天皇をお守りした平重詮あらため山内神助を祀った都神社の祠。」
天皇をお守りした平重詮あらため山内神助を祀った都神社の祠。

クリックすると拡大します
「その山内神助の子孫と牛鬼との伝説に由来する焼野(やけの)権現。がんなどの難病に霊験あらたかといわれる。」
その山内神助の子孫と牛鬼との伝説に由来する焼野(やけの)権現。がんなどの難病に霊験あらたかといわれる。
ニックネーム
メアド(表示されません)
タイトル
本文
写真は1枚、10Mまで投稿可能。管理者が認定すれば、下記に投稿されます。
▲四国一攫千金埋蔵金88箇所巡礼のトップへ戻る
カウンター

↓下記より四国一攫千金88箇所巡礼情報をご覧ください。
すべての画像はクリックすると拡大します
第1番札所 徳島市 「八倉比賣(やくらひめ)神社の卑弥呼の墓」
第2番札所 徳島市 「金山神社・立岩神社 (徳島市)の銅鏡」
第3番札所 神山町 「立岩神社の天の岩戸」
第4番札所 神山町 「高根悲願寺の邪馬台国跡」
第5番札所 山川町 「天村雲神社と天叢雲の剣」
第6番札所 穴吹町 「白人神社と神明神社」
第7番札所 美馬町 「伊射奈美神社」
第8番札所 美馬町 「段の塚穴 四国最大級の石室」
第9番札所 東みよし町 「六地蔵峠近辺の平家再興軍資金」
第10番札所 東祖谷村 「栗枝渡神社の安徳天皇の墓とキリスト伝説」
第11番札所 剣山 「失われたアーク」
第12番札所 剣山 「宝巌岩の平家財宝」
第13番札所 剣山 「ジローギューの草薙の剣」
第14番札所 つるぎ町 「剣山の大蛇」
第15番札所 勝浦町 「星の岩屋の星のかけら」
第16番札所 勝浦町 「勝浦のツチノコ」
第17番札所 阿南市 「お松大権現」 
第18番札所 阿南市 「海正八幡神社の新羅三郎財宝」
第19番札所 阿南市 「蒲生田岬(かもだみさき)沖の黄金」
第20番札所 阿南市 「つむじ風剛右衛門の略奪品」
第21番札所 海南町 「おんばがたきの洞窟」
第22番札所 東洋町 「野根七郎の埋蔵金」 
第23番札所 東洋町 「盗賊弥六の埋蔵金」
第24番札所 香美市 「御在所山の平家の宝」
第25番札所 高知市 「子供が拾った介良のUFO」
第26番札所 高知市 「高知競馬場」
第27番札所 高知市 「鵜来巣山の黄金千両」
第28番札所 高知市 「薫的神社」
第29番札所 高知市 「土佐藩宝物蔵跡に建つ旅館」
第30番札所 土佐町 「稲叢山の平家洞窟」
第31番札所 須崎市 「はぴれっと」
第32番札所 須崎市 「銭神石の埋蔵金」
第33番札所 須崎市 「八百比丘尼の食べた人魚」
第34番札所 佐川町 「虚空蔵山の不死の仙薬」
第35番札所 越知町 「横倉山の平家穴」
第36番札所 仁淀川町 「武田勝頼の埋蔵金」
第37番札所 仁淀川町 「椿山の安徳天皇と開かずの箱」
第38番札所 仁淀川町 「都の安徳天皇陵墓」
第39番札所 土佐清水市 「加久見左衛門の埋蔵金」
第40番札所 土佐清水市 「大川内の平家落人村」
第41番札所 足摺岬 「足摺岬のどくろマーク」
第42番札所 土佐清水市 「ジョン万次郎の仮墓」
第43番札所 愛南町 「南宇和の金鉱」
第44番札所 宇和島市 「日振島の藤原純友の財宝」
第45番札所 宇和島市 「戸島の一条家の隠し財宝」
第46番札所 野村町 「御在所山の平家の祠」
第47番札所 八幡浜市 「平家神社」
第48番札所 伊方町 「八坂神社と平家ののぞき岩」
第49番札所 佐田岬 「釜木の埋蔵金」
第50番札所 松山市 「松山競輪場」
第51番札所 松山市 「伊予豆比古命神社(椿神社)内の勝軍神社」
第52番札所 松山市 「宝くじ売り場竹村商店」
第53番札所 忽那中島 「泰ノ山城の埋蔵金」
第54番札所 伊予灘沖 「ナイル号沈没地点」
第55番札所 高縄山 「高縄山のレアアース・レアメタル」
第56番札所 今治市 「重茂山城(あるいは重門山城)の埋蔵金」
第57番札所 吉海町 「能島の村上水軍の宝」
第58番札所 大島 「泊の埋蔵金」
第59番札所 伯方島 「伯方島の能島村上水軍再興金」
第60番札所 魚島 「篠塚伊賀守の宝篋印塔」
第61番札所 芸予諸島 「竜王丸の埋蔵金」
第62番札所 弓削島 「みつうみ島の洞窟」
第63番札所 西条市 「八堂山の長者の財宝」
第64番札所 別子村 「別子ダイヤモンド水」
第65番札所 新宮村 「日本で唯一のダイヤモンド鉱(の可能性)」
第66番札所 新宮村 「銅山川の砂金」
第67番札所 観音寺市 「観音寺チャンスセンター」
第68番札所 観音寺市 「観音寺銭形砂絵」
第69番札所 荘内半島 「海崎城の埋蔵金」
第70番札所 詫間町 「博打山」
第71番札所 荘内半島 「竜宮城」
第72番札所 高瀬町 「爺神山(とかみやま)の鈴石」
第73番札所 燧灘沖 「いろは丸沈没地点」
第74番札所 直島 「三菱マテリアル直島製錬所」
第75番札所 丸亀市 「丸亀競艇場」
第76番札所 綾川町 「十瓶山の瓶(かめ)」
第77番札所 旧綾歌町 「西長尾城の埋蔵金」
第78番札所 備讃瀬戸 「大槌島」
第79番札所 櫃石島 「藤原純友の埋蔵金」
第80番札所 鬼無町 「神高池のキナッシー」
第81番札所 鬼無町 「勝賀山の金の茶釜」
第82番札所 女木島 「鬼が島洞窟」
第83番札所 庵治町 「五剣山八栗寺聖天堂」
第84番札所 津田町 「雨滝山の柘榴石」
第85番札所 小豆島 「ぶよも長者の埋蔵金」
第86番札所 小豆島 「蕪崎の神功皇后の鏡」
第87番札所 小豆島 「鳴門茂衛門の埋蔵金」
第88番札所 小豆島 「村上水軍の埋蔵金」
2017年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
←2017年11月 2018年1月→
四国なんでも88箇所推進協議会

四国酒蔵88箇所巡り
四国温泉88箇所巡り
四国堰堤ダム88箇所巡り
四国駅と車窓88箇所巡り
四国この食堂この一品88箇所巡り
四国の酒の肴88箇所巡り
四国一攫千金88箇所巡り
かわいいが力になるズキューン!
ラインスタンプ アニマルズ


みんそら〜みんなのSNS
ふるさとのカクテル「地カクテル」
時計やジュエリー販売〜アイアイイスズ
美味しいわらびもちはいかが?
  〜松風庵 かねすえ

駅コミ<駅からはじまる情報発信>
ジェイアール四国


みんそらSNS


 
Copyright 四国一攫千金88箇所巡礼 All rights reserved.
掲載されているすべてのコンテンツの無断使用、掲載を禁止します。