▲四国一攫千金埋蔵金88箇所巡礼のトップへ戻る
第36番札所 仁淀川町 「武田勝頼の埋蔵金」
地名: 高知県仁淀川町
埋めた人:
お宝: 武田埋蔵金の手がかり
情報: 武田勝頼が名を変えて潜む
備考:
「武田勝頼潜伏説」

 「武田埋蔵金」は「徳川埋蔵金」、「豊臣家埋蔵金」等と同じく、日本を代表する埋蔵金伝説のひとつである。場所については様々な説があるが定かではない。 
 武田信玄の死後、家督を継いだ武田勝頼は、1582年に山梨県の天目山で自害し甲斐武田氏は滅亡したとされている。実は自害したのは影武者で勝頼は大崎玄蕃と名を変え土佐に落ち延びたという言い伝えが土佐山中の仁淀川町にある。地元では最近になって有志の会が伝説を掘り起こし町おこしの一環としている。
 天目山の戦いで逃げ延びた武田勝頼は、諸国を回った後に土佐の豪族である香宗我部氏を頼って土佐山田に隠れ住み、土地の女性に男子を産ませ末裔の証として金の椀と金の笄(くし)を与えた。その後、今の仁淀川町大崎の場所を治めていた片岡氏を頼み大崎玄蕃と変名してこの地に移り住み、片岡氏の政務を代行しながら1609年に没したとされる。仁淀川町では今でも毎年旧暦8月に玄蕃祭りが開催されている。もし武田勝頼がこの地で余生を過ごしたとなれば、武田埋蔵金の秘密の手がかりがどこかに残されているかもわからない。
 この大崎玄蕃なる人物については諸説が残る。別の歴史書では福島正則に仕えた後、紀州の徳川頼宣の家臣となった大崎玄蕃長行なる流浪の武将がいるが、関連性は不明である。また四国には、ここ大崎より20キロ山奥の椿山(37番札所)から安徳天皇を擁する平家落人一行が山を降りるときに戦具を担いで協力した豪のつわものとして、大崎玄蕃の名が残る。17世紀の武田勝頼が13世紀の安徳天皇をお助けしたとは思えないが、この大崎玄蕃、つくづく「潜む」ことが好きな男であったのであろう。

クリックすると拡大します
「仁淀川町大崎の町。仁淀川中流の交通の要所である。」
仁淀川町大崎の町。仁淀川中流の交通の要所である。

クリックすると拡大します
「武田伝説を案内する観光ガイド案内所」
武田伝説を案内する観光ガイド案内所

クリックすると拡大します
「武田勝頼変名大崎玄蕃の墓所の前に建つとされる鳴玉神社」
武田勝頼変名大崎玄蕃の墓所の前に建つとされる鳴玉神社

クリックすると拡大します
「勝頼の嫡男である武田信勝の墓所とされる塚。「甲乱記」によれば勝頼とともに天目山で自害されたとされるが、この地の伝説ではここで亡くなり、末裔はその後、佐川に移り住んだという。」
勝頼の嫡男である武田信勝の墓所とされる塚。「甲乱記」によれば勝頼とともに天目山で自害されたとされるが、この地の伝説ではここで亡くなり、末裔はその後、佐川に移り住んだという。

クリックすると拡大します
「大崎八幡宮。勝頼が建てた神社と山城を兼ねたものといわれる。」
大崎八幡宮。勝頼が建てた神社と山城を兼ねたものといわれる。
ニックネーム
メアド(表示されません)
タイトル
本文
写真は1枚、10Mまで投稿可能。管理者が認定すれば、下記に投稿されます。
▲四国一攫千金埋蔵金88箇所巡礼のトップへ戻る
カウンター

↓下記より四国一攫千金88箇所巡礼情報をご覧ください。
すべての画像はクリックすると拡大します
第1番札所 徳島市 「八倉比賣(やくらひめ)神社の卑弥呼の墓」
第2番札所 徳島市 「金山神社・立岩神社 (徳島市)の銅鏡」
第3番札所 神山町 「立岩神社の天の岩戸」
第4番札所 神山町 「高根悲願寺の邪馬台国跡」
第5番札所 山川町 「天村雲神社と天叢雲の剣」
第6番札所 穴吹町 「白人神社と神明神社」
第7番札所 美馬町 「伊射奈美神社」
第8番札所 美馬町 「段の塚穴 四国最大級の石室」
第9番札所 東みよし町 「六地蔵峠近辺の平家再興軍資金」
第10番札所 東祖谷村 「栗枝渡神社の安徳天皇の墓とキリスト伝説」
第11番札所 剣山 「失われたアーク」
第12番札所 剣山 「宝巌岩の平家財宝」
第13番札所 剣山 「ジローギューの草薙の剣」
第14番札所 つるぎ町 「剣山の大蛇」
第15番札所 勝浦町 「星の岩屋の星のかけら」
第16番札所 勝浦町 「勝浦のツチノコ」
第17番札所 阿南市 「お松大権現」 
第18番札所 阿南市 「海正八幡神社の新羅三郎財宝」
第19番札所 阿南市 「蒲生田岬(かもだみさき)沖の黄金」
第20番札所 阿南市 「つむじ風剛右衛門の略奪品」
第21番札所 海南町 「おんばがたきの洞窟」
第22番札所 東洋町 「野根七郎の埋蔵金」 
第23番札所 東洋町 「盗賊弥六の埋蔵金」
第24番札所 香美市 「御在所山の平家の宝」
第25番札所 高知市 「子供が拾った介良のUFO」
第26番札所 高知市 「高知競馬場」
第27番札所 高知市 「鵜来巣山の黄金千両」
第28番札所 高知市 「薫的神社」
第29番札所 高知市 「土佐藩宝物蔵跡に建つ旅館」
第30番札所 土佐町 「稲叢山の平家洞窟」
第31番札所 須崎市 「はぴれっと」
第32番札所 須崎市 「銭神石の埋蔵金」
第33番札所 須崎市 「八百比丘尼の食べた人魚」
第34番札所 佐川町 「虚空蔵山の不死の仙薬」
第35番札所 越知町 「横倉山の平家穴」
第36番札所 仁淀川町 「武田勝頼の埋蔵金」
第37番札所 仁淀川町 「椿山の安徳天皇と開かずの箱」
第38番札所 仁淀川町 「都の安徳天皇陵墓」
第39番札所 土佐清水市 「加久見左衛門の埋蔵金」
第40番札所 土佐清水市 「大川内の平家落人村」
第41番札所 足摺岬 「足摺岬のどくろマーク」
第42番札所 土佐清水市 「ジョン万次郎の仮墓」
第43番札所 愛南町 「南宇和の金鉱」
第44番札所 宇和島市 「日振島の藤原純友の財宝」
第45番札所 宇和島市 「戸島の一条家の隠し財宝」
第46番札所 野村町 「御在所山の平家の祠」
第47番札所 八幡浜市 「平家神社」
第48番札所 伊方町 「八坂神社と平家ののぞき岩」
第49番札所 佐田岬 「釜木の埋蔵金」
第50番札所 松山市 「松山競輪場」
第51番札所 松山市 「伊予豆比古命神社(椿神社)内の勝軍神社」
第52番札所 松山市 「宝くじ売り場竹村商店」
第53番札所 忽那中島 「泰ノ山城の埋蔵金」
第54番札所 伊予灘沖 「ナイル号沈没地点」
第55番札所 高縄山 「高縄山のレアアース・レアメタル」
第56番札所 今治市 「重茂山城(あるいは重門山城)の埋蔵金」
第57番札所 吉海町 「能島の村上水軍の宝」
第58番札所 大島 「泊の埋蔵金」
第59番札所 伯方島 「伯方島の能島村上水軍再興金」
第60番札所 魚島 「篠塚伊賀守の宝篋印塔」
第61番札所 芸予諸島 「竜王丸の埋蔵金」
第62番札所 弓削島 「みつうみ島の洞窟」
第63番札所 西条市 「八堂山の長者の財宝」
第64番札所 別子村 「別子ダイヤモンド水」
第65番札所 新宮村 「日本で唯一のダイヤモンド鉱(の可能性)」
第66番札所 新宮村 「銅山川の砂金」
第67番札所 観音寺市 「観音寺チャンスセンター」
第68番札所 観音寺市 「観音寺銭形砂絵」
第69番札所 荘内半島 「海崎城の埋蔵金」
第70番札所 詫間町 「博打山」
第71番札所 荘内半島 「竜宮城」
第72番札所 高瀬町 「爺神山(とかみやま)の鈴石」
第73番札所 燧灘沖 「いろは丸沈没地点」
第74番札所 直島 「三菱マテリアル直島製錬所」
第75番札所 丸亀市 「丸亀競艇場」
第76番札所 綾川町 「十瓶山の瓶(かめ)」
第77番札所 旧綾歌町 「西長尾城の埋蔵金」
第78番札所 備讃瀬戸 「大槌島」
第79番札所 櫃石島 「藤原純友の埋蔵金」
第80番札所 鬼無町 「神高池のキナッシー」
第81番札所 鬼無町 「勝賀山の金の茶釜」
第82番札所 女木島 「鬼が島洞窟」
第83番札所 庵治町 「五剣山八栗寺聖天堂」
第84番札所 津田町 「雨滝山の柘榴石」
第85番札所 小豆島 「ぶよも長者の埋蔵金」
第86番札所 小豆島 「蕪崎の神功皇后の鏡」
第87番札所 小豆島 「鳴門茂衛門の埋蔵金」
第88番札所 小豆島 「村上水軍の埋蔵金」
2017年6月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
←2017年5月 2017年7月→
四国なんでも88箇所推進協議会

四国酒蔵88箇所巡り
四国温泉88箇所巡り
四国堰堤ダム88箇所巡り
四国駅と車窓88箇所巡り
四国この食堂この一品88箇所巡り
四国の酒の肴88箇所巡り
四国一攫千金88箇所巡り
かわいいが力になるズキューン!
ラインスタンプ アニマルズ


みんそら〜みんなのSNS
ふるさとのカクテル「地カクテル」
時計やジュエリー販売〜アイアイイスズ
美味しいわらびもちはいかが?
  〜松風庵 かねすえ

駅コミ<駅からはじまる情報発信>
ジェイアール四国


みんそらSNS


 
Copyright 四国一攫千金88箇所巡礼 All rights reserved.
掲載されているすべてのコンテンツの無断使用、掲載を禁止します。